おすすめ☆安い車検会社6選

ホーム > 安い車検の情報 > 車検は安いほうを選びたいものですが

車検は安いほうを選びたいものですが

 車検は車が公道を走れるための国の許認可の1つです。
これはプライベート用だと2年に1回の割合で検査を実施しないとなりません。
緑ナンバーの商業用だと1年に1回の検査となります。
その車検は税金などの法定費用と実際に整備した整備費の2つに大きく分けることができます。
法定費用に含まれるのは自動車重量税と自賠責保険と検査代となり、これはどこで整備しようと金額は変わりません。
金額が変化するのは実際の整備費となります。
車検は普通車だと車の種類や経年劣化状態にもよりますが、1回で約10万円以上はかかるなど大変高価な検査となります。
なので多くの人は少しでも安くならないかと希望するところです。
さてその実際の整備を行うにはいろんな整備業者があります。
このうち最も安価で済ませられるのは自分で検査するユーザー車検です。

 しかしユーザー車検は自分自身が熟練した整備士でもない限りは実施不可能なので、結局どこかの業者を選ばなければなりません。
整備業者ではいくらかに大まかに分類することができます。
1つは新車を販売しているメーカーの販売店、次は指定工場扱いとなってる整備業者、そして認証工場扱いとなってる整備業者です。
車検は安いほうが金銭的にはお得ですが、ここで気を付けないとならないのは、それぞれの整備業者は車検の目的が常に同じとは限りません。
車検の目的はあくまでも国の基準に違反していないかが焦点となります。
つまりその場しのぎさえできてれば問題はありません。
そこを狙って一部の整備業者は格安での車検整備を行って安さをアピールしています。
ただこれは本当の最低限のその場しのぎの検査なので、取り換えるべき部品もそのままにしているなどで安くしています。

 だから車検のすぐ後に車が故障したとしても文句は言えません。
これに対して新車販売を行ってるメーカー販売店などは信頼性を強く重視しています。
信頼性を重視するために故障しにくいノウハウを構築しています。
なのでまだ部品が本当にダメになる前に若干の余裕をもって取り換えています。
車検は指定工場と認証工場の2つがあります。
新車販売メーカーなど指定工場扱いされてる整備業者は車を実際に陸運局へ持ち込まなくても書類だけで検査をパスできます。
結果として整備が終わったその日から仮のステッカーの状態で走ることができます。
また法定費用の一部である検査代も認証工場よりかは数百円ほど安くなっています。
ちなみに安くするための別の方法の1つとしては、あらかじめ整備業者を決めておいて、そこの会員になるなどすることも対策の1つになりえるかもしれません。
これは整備業者次第ですが、会員になって車検以外の継続的な整備を受けることで車検代を一部割引してくれる業者も存在しているからです。

TOPへ戻る