おすすめ☆安い車検会社6選

ホーム > 安い車検の情報 > 車検を安く済ませる方法について

車検を安く済ませる方法について

 車検は、車の安全性を確保するために必要なものであり、定期的に受ける必要がありますが、意外と費用が高くなってしまうことが悩みだという人も多いでしょう。
高い場合だと10万円以上かかってしまうこともあるため、その金額はバカになりません。
そこで車検を安く済ませる方法としては、まず、「比較的費用が安く済む業者の種類を知っておく」という方法が挙げられます。
車検が受けられる業者の種類はさまざまあり、費用が高い傾向にあるのはディーラーや民間整備工場だと言われています。
実際の費用は、6万円~12万円程度だと言えるでしょう。
一方で比較的費用が安いのは車検専門業者や、カー用品店、ガソリンスタンドだと言われており、実際の費用は5万円~8万円程度とされているため、ディーラーなどと比べると割安だと言えます。

 車検が受けられる業者には比較的費用が安い業者が存在することを先ほど説明しましたが、さらに安くする方法もあります。
それは、「インターネットの比較サイトを利用して、複数の業者に見積もりを取ってもらうことで、より安い業者を探す」という方法です。
ただしネット上での見積もりはおおよその概算でしかないため、正式な見積もり費用を知るためには、実際に車を店舗まで持って行く必要があります。
ですので、ネットで費用が安そうな業者を2、3件見つけたら、実際にその業者の店舗を訪ねて見積もりを取ってもらうようにしましょう。
そして車検の値段を決める際は、値引き交渉も可能なので、交渉次第によってはさらに安くすることも可能です。
値引き交渉では、他の業者の値段を示して、これより安くして欲しいなどと相談してみるとよいでしょう。

 車検は、一般的には業者へ依頼するものですが、自分で点検を行うことでさらに安く済ませられるという「ユーザー車検」という方法もあります。
ユーザー車検というのは、自分で点検をして直接検査場へ持ち込む方法であり、業者へ依頼する際にかかる1万円~3万円程度の代行手数料をタダにすることが出来ます。
ですので、可能な限り車検費用を安くしたいという場合に有効な方法だと言えますが、ユーザー車検にはデメリットもあるのです。
それは何かというと、一番に挙げられるのは、車の故障といった不備を見逃すリスクがあるということであり、そもそも車に詳しくない人には不向きな方法だと言えるでしょう。
そして検査場に持って行って不合格になった場合は、再び車検を受けなおす必要があるという点にも注意が必要です。
それに不合格の理由によっては業者へ修理に出さなければならないケースもあるため、その分の費用がかかってしまうこともあると言えるでしょう。

次の記事へ

TOPへ戻る